• ホーム
  • AGAの治療方法にはどのようなものがあるか

AGAの治療方法にはどのようなものがあるか

2019年07月22日
頭に禿ている所がある男性

AGAの治療方法には、内服薬・外用薬を用いたものと、成長因子を用いて施術を行うものとがあります。
内用薬の代表的なものはフィナステリドで、外用薬ではミノキシジルが主に使われます。
AGAは男性ホルモンのテストステロンが酵素5αリダクターゼの作用でDHT(ジヒドロテストステロン)に変わり、それがレセプターと結合することから起こります。
フィナステリドにはこのDHTの生成を抑える作用があり、それによって脱毛を防ぐことができます。
一方ミノキシジルには頭皮の血流をよくして毛根に必要な栄養を供給し、毛母細胞を活性化させて発毛を促す作用があります。
脱毛を防ぐフィナステリドと発毛を促進するミノキシジルを併用するという治療方法で、AGAの改善が期待できます。

成長因子を用いた治療方法は、育毛メソセラピーあるいはHARG療法などと呼ばれています。
これは発毛を促す栄養素を頭皮に直接注入する方法で、外用薬を塗布するのに比べて毛根に直接作用するため、育毛効果が高いとされています。
注入する薬剤はミノキシジルなどの薬やビタミン・アミノ酸などの栄養素などからクリニック独自の配合で作った育毛カクテルと呼ばれるもので、HARG療法の場合は幹細胞から抽出したAAPEという成分を使用します。
注入は、従来は注射による方法が主流でしたが、最近ではレーザーやダーマローラー、ノーニードルなど痛みのない施術方法も開発されています。

どちらの方法を取るのか、あるいは併用するのかなどはAGAの進行状況や症状の出方によって異なり、専門医の診断を受けたうえで最も適切な方法をとることになります。
いずれにしても、早期に治療を開始するほど効果は高いといえますから、気になる人はできるだけ早めに診察をうけるようにするとよいでしょう。

関連記事
気になるAGA治療~ミノキシジルとプロペシアについて~

抜け毛や薄毛が気になるという男性も、多いでしょう。男性でこのような毛髪トラブルが起こっている場合、AGAを引き起こしているかもしれません。AGAとは男性ホルモンが関わり起こる、薄毛や抜け毛の症状の事を言います。男性ホルモンのテストステロンに、5αリダクターゼという酵素が作用すると、ジヒドロテストステ

2019年10月11日
薄毛予防の効果が得られるAGA治療薬があります

海外で作られているAGA治療薬があって、プロペシアやミノキシジルに関しては日本の厚生労働省の認可を受けています。プロペシアはAGA治療薬の名前で、主成分としてフィナステリドが含まれています。フィナステリドを主成分として配合しているAGA治療薬としては、プロペシアの他にもフィンペシアやフィンカー、プロ

2019年09月09日
AGA治療でふさふさに!納得の発毛効果

薄毛の状態から自力でふさふさの状態まで回復させるのは困難です。しっかりと発毛させる為にはやはりAGA治療を受けるのが効果的と言えます。AGA治療の方法には種類がありますが、まず内服薬を利用する治療法です。内服薬としてはプロペシアが有名ですが、プロペシアに含まれるフィナステリドという成分は、AGAの原

2019年08月08日
AGA治療とはなんなのか?

AGA治療とは若い世代でも起きる男性型脱毛症を治療するものです。この症状は頭皮の血行不良や生活習慣などの影響もありますが、主な原因は男性ホルモンが5αリダクターゼという酵素によってDHTに変換されることです。DHTには脱毛を引き起こす作用があり、発毛サイクルが乱れて薄毛になります。そのため、薬によっ

2019年07月06日
AGA治療に用いられる薬フィナステリドについて

AGA治療は専用の治療薬を用いるのが一般的です。治療薬には種類がありますが、よく利用されているのがフィナステリドです。フィナステリドというのは飲む育毛剤とも言われていますが、3年の継続使用で70%以上の人に何らかの改善が見られたというデータがあります。副作用もありますが、数%以内という事もありAGA

2019年11月12日